個人再生

個人再生 最低弁済額
個人再生 最低弁済額 借金の総額に応じて、 最低限返済しなくてはならない金額のこと 100万円以下         借金の総額そのまま 100万円~500万円以下     100万円 500万円~1,500万円以下   借金の総額の5
個人再生 費用
個人再生手続きにかかる費用 収入印紙代  1万円 官報掲載費用 1万2千円 個人再生委員への報酬25万円程度 この他、書類の郵送手続き費用がかかります。 これは、個人で申請する場合です。 司法書士や弁護士に頼むと、 費用は、
個人再生 不認可
個人再生 不認可 個人再生の手続きは、裁判所に申し立てを行います。 裁判所への申し立てをすれば、全ての人が認可される。 というわけではないのです。 確率は低いそうですが、不認可とされることもあるようです。 まずは、相談 支払いが苦しい時
個人再生 必要書類
個人再生 必要書類には、下記のものです。 申立書、陳述書、財産目録、債権者一覧表、家計表 添付書類 住民票、住居に関する資料、給料明細、年収がわかる資料 住居が分かる書類と収入が証明出来るものが必要になります。
個人再生 車
個人再生 車 個人再生の申請をした場合、自家用車はどうなるのでしょうか? 個人再生においては財産を換価する必要はありませんが, その財産に相当する額を債権者に支払わなければなりません。 ローン等で購入している場合は、ローン会社に引き揚げ
個人再生とは
個人再生とは、2001年から始まった制度で、 自宅を所持している債務者が、自宅を手放さずに、債務を整理出来る制度です。 住宅資金特別条項があり、 持ち家はそのまま(ローンの返済も含む)で、他の借入金を整理する事ができる制度です。
個人再生特徴
個人再生は自己破産と並ぶ法律として 2001年施行後、 現在に至るまで幅広く使用されています。 大きな特徴は、 「ローン中の自分の家が守れる」という  住宅ローン特則が利用できる点です 自己破産をしない債務整理
個人再生 手続き
個人再生手続とは、 将来におい継続的に収入を得る見込みがある 給与などを定期的にもらう見込みのある者 借金の額が3000万円以下の者について、 原則として、借金を5分の1にしたうえで 3年で分割して返済すれば、残りの5分の4を免除
個人再生 奨学金
個人再生 奨学金 奨学金についても、 自己破産することなく、個人再生を使うことが出来ます。 個人再生の場合、3年間継続して、払い続ける必要があります。 自己破産するには、心理的な抵抗がありますが、 自己破産を選択する方がメリット